突然車が必要になりお金が必要に!

突然車が必要になりお金が必要に!

私は地方都市でとある仕事をしています。大した仕事ではないので異動などはないと思っていたのですが、そんな私に家から20キロほどの場所への異動を命じられました。

私は自動車を所有しておらず、移動はもっぱら電車や自転車なのですが、その新しい職場までは公共交通機関を使うのがほぼ不可能です。

20キロを自転車で行くのもしんどいですし、今の仕事にやりがいを感じていて転職したくなかったので自動車の購入を検討することになりました。しかし私にはそんなにお金がありません。お金を借りようにも銀行に借りるには信用がないですし、消費者金融もちょっとためらってしまいます。お金を貸してくれるような家族も友達もいないため、ありとあらゆるものを売りました。私が趣味で愛用していたプロ仕様のカメラや、タブレットを売り、たくさんの本を売りました。こうして中古車を買う60万円を何とか用立てました

しかし車には多額の維持費がかかります。スマホをガラゲーに変え、インターネットも光からポケットwi-fiのタイプに変えました。こうして何とか今の仕事を続ける事が出来ています。こんな風になるならもっと普段から貯金をしておけば良かったと思いました。普段から小さなことをコツコツと努力して節約して貯金しようと思っています。

自己破産を悪く思うな!イメージは悪いよね

自己破産を悪く思うな!イメージは悪いよね

自己破産された方に対しては、苦労されたんだろうとは思いますが、特に悪い印象を持つことはありません。

自己破産された理由は様々だと思います。事業に失敗されて借金を背負われたような方は、するべきことをしたうえで、それでも事業が上手くいかなかったのでしょう。

生活苦でお金を借りなければならなかった方は、生活資金としてどうしても必要だったためにお金を借りたのだと思います。どんな方も自分から好きでお金を借りたわけではないでしょうし、自己破産に行きつくまで、大変な苦労をされたことと思います。

きっかけがギャンブルであった方も、射幸心をあおるような運営者や返済可能額以上にお金を貸す金融機関の側に問題がないとは言い切れません。ギャンブル依存症となっていて自分では止めることができなくなっていることもありますから、そういった方たちを責めることはできません。返済しようもない借金を負ってしまったなら、自己破産によって新たな生活を送ることができるべきだと思いますし、そういった制度を利用される方を私は悪く思いません。

おすすめリンク
© Copyright お金返済で困ったローン. All Rights Reserved.